審査甘い金融機関


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nao3200/topgames-android.ru/public_html/wp-content/plugins/pretty-link/pro/app/models/PlpKeyword.php on line 201

どこからも借りれずに審査が甘いという金融機関を探していたところ、ある金融機関が貸してくれるということでそこで借り入れをすることにしました。

 

ちょっと怪しいな、大丈夫かなと思いながらもそこしか貸してくれるところがなかったので仕方なく借りてしまいました。どうやら闇金だったらしく、金利が高くなかなか支払えないので取り立ての厳しさに参っています。

 

聞くところによると、暴利の借金は利息を払わなくてもいいと言うのですが本当ですか?

闇金業者の法外な金利、支払いしなくてもいい!!

 

闇金業者の暴利の利息は支払わなくていいの?
支払わなくていいのです。法律改正されたとえ納得して契約したとしても暴利な利息は払う必要がなくなりました。

審査が甘い金融機関というのは、やっぱり怪しい業者がたくさんいます。

 

  改正された法律によると、年109.5%を超える利息の契約をした場合は借金の契約そのものが無効になります。

 

もし、この金利でお金を借りた場合には、元金は支払う義務がありますが、利息は1円だって払う必要はありません。

 

年109.5%の利息契約というのは1万円を1年間借りるとその利息は1万950円です。結局2万950円支払いをしなければなりません。1日当たり30円です。1日30円なら安い!と思う人は気をつけなければいけません。

同じように「1万円借りて利息はわずか1日8円」と1日あたりの利息の安さを強調していますが、この金利は出資法の貸金業者の刑罰員利ラインを超えた年29.2%です。全く安くないですよね!!

 

こんな金利で借りてはいけませんが、もし、借りたとしてもそんな利息の契約は無効です。支払わなくても大丈夫です。

 

債務者は、払いすぎた利息が取り戻せる!?

 

債務者はどんな場合であっても、利息制限法の制限を超す利息を払う必要はありません。もし、払ってしまった場合、超過分については残っている借り入れ元本の返済に充て、余りが出れば返してもらえる、返還請求ができるのです。

 

先ほどの年109.5%を超える場合(一日あたり0.3%)は貸金契約自体が無効なので一切利息を払う必要がありません。払った分は全額返すように要求できます。

 

闇金などから暴利契約で借りてしまったうえ、怖い取り立てを受けているような債務者は貸金契約そのものの無効を求める裁判を起こしてみる手もあります。

 

これには弁護士などの専門の手助けが必要になりますので、相談無料のところから自分にあった解決策を取ることをお勧めします。