債権取り立て文書がきました

サラ金から以前借金していました。債務を返済していないのですが債権者からは取り立てを受けた事もなく、返済期限から10年以上経ってます。が、突然、全く知らないところから債権を譲り受けたという債権取り立て文書が来て…。これは返済しなければいけませんか?
債権の権利は言っていの期間が経過すると時効になって消滅します。請求できるのに長期間放置するような権利の上に眠るも者を保護する必要はないからです。通常の債権は10年ですが、種類によって期間は違います。サラ金業者が株式会社などの会社なら5年、個人なら10年で時効となります。

払わなきゃいけないの?

 

時効期間というのは、債権者が権利を行使することができる時点から計算します。上記の方の場合、最初の返済日の翌日から時効期間を計算します。

 

契約の内容や返済状況によって時効期間の始まりの時点は異なります。

 

時効期間が経過する前、業者から訴訟を起こされていたり、借金の一部を返済していたり、借金の承認書を書いたりしていた場合、その時点で時効の進行がストップします。ストップした時点から、また新たに時効期間が始まります。

 

時効期間が経過すれば、自動的に債務がなくなるわけではありません。

 

債務者が債権者に対し、時効によって債務がなくなったので支払いはしない、というこ とを表明する「時効の援用」を行って初めて債務が消滅します。時効の援用は、文書にして送るのがいいでしょう。書面と配達した日の記録が残るように、内容 証明郵便で送ることをお勧めします。

 

  債権買い取り業者が債権を買い取っている場合、貸主が当初借り入れをした業者ではないため、時効の援用ができないのではないかと心配になりますが、そんなことはありません。時効の援用通知を出すことで、借金をなくすことができます。

 

債権取り立てでどうすればいいか悩んでいるあなた!悩んでいても解決できません。
早目に相談することが解決の近道です。一人で悩まずに、相談料無料・匿名で相談できます!!あなたにべストな解決策を考えませんか?