借金返済のためのローン簡単審査

借金返済するためにキャッシングしている人は多い!?

カードローンやキャッシングはとても身近なものになり、限度額も30万円や50万円とそんなに高額でもなく手軽に借りれるようになっています。「30万円」と聞くと大金に思えますし、一度に30万円を借りる人は少ないですが、返済が、毎月一定額でいいということもあってか、それほど大金を借金している自覚もなく、借金している状態が当たり前になってきて、いつの間にか限度額いっぱいまで借りてしまっているとなっている人は多いのです。

A社の借金を返済するためにB社からキャッシングしたり、B社の返済をするためにC社からキャッシングする、借金返済のためのキャッシング利用者も多いようです。

キャッシングやカードローンは1社から借りていても他社で借入できます。既に借入があっても審査には通ります。その審査の際に、借入の理由を聞かれますが、「借金の返済のため」と言う人はいませんよね。生活費とか、冠婚葬祭費という理由で申し込むので審査には通ります。

既に、4社以上から契約がある場合は難しいですが、1社や2社であれば借入があっても意外と審査には通るものです。延滞があったり債務整理などをしている場合は別ですが、数社から借りている人でもきちんと返済している人は多いのです。

借金が複数社からある場合、今どれだけ借金総額があるか分からなくなっている可能性があるので、一度整理する必要があります。

借金総額が自分の年収の3分の1よりも多くなった場合には、総量規制の対象外の銀行ローンでまとめて借りて、今ある借金を返済して銀行への返済だけにまとめる「ローンの1本化」がおすすめになってきます。

1本化も金利によっては、返済額が高くなる場合もあります。金利を計算してくれる返済シュミレーションを利用しながら、1本化が最適なのか、場合によっては債務整理が必要なのか、正しく判断したいものです。