借金相談倉敷

兄が商売に失敗してサラ金から多額の借金をしているのがわかりました。兄が返せない為貸金業者は私達に借金の肩代わりを迫ってくるのですが…。支払わなければいけませんか?
家族が借金を返す必要はありません。借りたお金を返す義務のあるのは通常本人と保証人だけです。

 

親・兄弟でも肩代わりの義務はない

 

その借金の保証人になっていない限りたとえそれが子供や兄弟の借金でも家族や親族の方々には支払う義務はありません。

 

勝手に家族や親族の名前を契約書の保証人の欄に書くこともありますが、その当事者が債務者のした借り入れや保証人になる事に同意していない以上、その保証契約は無効で支払う義務はありません。

 

夫や妻の借金は配偶者なら無条件で払わないといけない??

 

これも、そんな決まりはありません。たとえ、夫や妻の借金でもその借金の保証人になっていない限りは配偶者が夫や妻の借金を払うという義務はないのです。

 

民法で、日常家事債務といって、食料品や衣料などの生活必需品の購入費、家賃、教育費等生活レベルに応じた娯楽費などの借金は夫婦が連帯して責任を負うと定められていますが、それ以外のギャンブルとか仕事上の失敗によるものは保証人になっていない限り、たとえ夫や妻の借金でも支払う必要はありません。

 

金融業者が保証人以外の家族や親族に返済を請求することは日常家事債務の借金を除けば禁止されています。

 

 支払いの義務はないと取り立てを拒絶しても業者が家族や親族への請求をやめないときは貸金業法違反で警察署に被害届を出すか、刑事告訴できます。