個人再生ってどういうこと

個人再生とは、簡単に言うと、借金の返済額を減らすことによって、多重債務問題に悩んでいる人の再生を図るということ

 

この事から、個人再生と呼ばれています。この特徴として、住宅を守ることができるという事があげられます。

個人再生とは、自己破産と任意整理の間のような制度で、自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけでなく、債務を大幅に免責(5分の1程)してもらって任意整理のように長期の分割払いにしてもらうという制度です。減額幅は任意整理よりも大きくなります。

債務を大幅に免責し、それを3年で支払うという再生計画案が裁判所に許可されれば、債務は計画案に記載された額まで減額されます。3年での分割払いが終わると全ての債務がなくなります。返済期間は、特別な事情がある場合には5年までの長期分割弁済が認められます。

個人再生のメリット と デメリット

メリット

● 住宅や車などの財産を手放さずに手続きができる場合がある。

● 債務が5分の1に減額されるために返済が楽になる。

● 手続き開始後は債権者は強制執行(給与差し押さえ)ができなくなる。

デメリット

● 返済を継続できる収入がないと手続きができない。

● 借入が今後約5年~10年間はできなくなる。(一般的に言うブラックです。)

● 住所氏名が「官報」という国が発行する機関紙に掲載されます。

 

個人再生に条件はあるの?

 

個人再生は誰でも利用できるわけではないのです。希望者全員の債務をすべて免除していては貸金業者は破綻してしまいます。

1 ・ 絶対条件は、「支払い不能のおそれ」があるもの。これは裁判所が行う事で、個人が判断できません。

2 ・   次に「安定した収入がある人」これは最終的には返済を継続させないといけないので、全くの無収入では手続きできません。

3 ・ 最後に「住宅ローンを除く総債務額が5000万円以下である事。

 

個人再生にかかる費用ですが、裁判所への予納金や申立書作成費用にかかる収入印紙などで約20万円。弁護士に依頼の場合はそれに加え30万円程度司法書士の場合は20万円程度の報酬が発生します。

 

手続きが難しい!

 

個人再生は債務整理の中で最も難しく、法的に見てもかなり複雑な手続きになりますので、素人が1人で行う事は無理があります。

専門家に相談を依頼すればスムーズに手続きを始める事が可能です。
費用も依頼する事務所によって異なってきます。申し立てを行う裁判所でも違いますので、相談をされる際に費用についても確認しておきましょう。