オススメの債務整理相談

債務整理をしたいとお考えの方に、安心でオススメの債務整理相談ができるサイト紹介します。
債務整理の相談はとっても繊細な相談なので、誰にでも相談できるわけではありません。そして自分で解決できるものでもありませんので、専門家の力を借りる必要があるのです。

街角法律相談所無料シュミレーター

街角法律相談所無料シュミレーターとは、匿名でいくつかの質問に答えるだけで複数の専門家から借金問題の相談を受けられる総合比較サイトのことです。過払い金がどれくらい発生するのかも無料診断してくれるので不明な点はこのサイトで相談出来る上に、自分に合った弁護士や司法書士を紹介してくれるので、今まで不安だった債務整理をわかりやすくサポートしてくれます。

◆簡単な流れ◆以下の入力にかかる時間は5分程度です。
1.現在の借入状況を入力
・お名前
・債務件数
・借入総額
・毎月の返済額

2.相談したい内容を選択項目から選ぶ
・家族や会社に内緒で解決する方法を知りたい
・毎月の借金が減額できるかを知りたい
・どのような解決方法がいいか一緒に考えて欲しい
・手続き費用がいくらになるのか知りたい
□住んでいる都道府県を選択
□住宅ローンの有無を選択
□過払いも調べて欲しい

3.診断結果を受け取る為の情報を入力
・電話番号
・メールアドレス
・その他質問
(ここでも質問は些細なことでもいいので不安なこと不明なことなどなんでも記入しておくと親切に回答してくれます)

入力した条件にピッタリの相談先が表示されます。比較して選んでくれるので自分で探す手間が省けるのであとは、自分に合った専門家を選べばいいわけです。

街角法律相談所無料シュミレーターはこちら

今まで相談に踏み切れなかった方も満足度の高い比較相談サイトです

イラスト債務整理の相談はなかなか繊細な問題でもあるので簡単に相談して解決できるものでもありません。
家族や友人にも相談しにくい内容ですので、インターネットを使って相談できるのは助かりますね。自分で専門家を探す手間も省けるので時間がない方も安心して比較できるような仕組みになっています。

街角法律相談所を利用して借金問題を解決された方はたくさんいらっしゃいます。あなたも相談して一日も早く平穏な日々がもどってくるといいですね。

過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリットを簡単にまとめました。

  • 過払い金請求した業者から新たな借り入れができなくなりますト
  • (これは返済中の方が対象で完済後の方はブラックリストには載りません)

  • 自分で過払い金請求をやることは実際問題難しい
  • (過払い金請求のサイトでは自分で過払い金請求ができるという紹介もありますが、いち債務者が債権者に対して交渉をするのはやはり素人では難しいでしょう。ここは専門家に任せておいたほうが精神的にも楽です)

過払い金請求はどこに依頼すればいいの?

過払い金請求をしたいけどどこに依頼すればいいのかわからないという方、それは弁護士事務所や司法書士事務所に依頼しましょう。しかし顔見知りの弁護士でもいない限り、いきなり弁護士事務所などに連絡することにとても抵抗を感じる方も少なくないのではないでしょうか?

そういった場合には、ネットで無料相談ができるサイトを利用して自分に最適な専門家を見つけることが一番の早道ですし安心して依頼ができます。住んでいる地域に関係なく全国どこからでも依頼できるので気軽に相談ができます。

過払い金に税金がかかるの?

過払い金が発生したのは払いすぎた利息が戻ってくるだけであって、新たに財産が増えたことにはなりません。従って税金を支払う義務はありません。税金がかかる場合があった場合は予め弁護士や司法書士が伝えてくれるので、過払い金を取り戻した場合の総合的なメリットを考慮し着手してもらえれば自分の損になることはありません。

イラスト今まで過払い金請求のことは気になっていたけどなかなか本格的に依頼するのことに抵抗を感じていた方などは、これがいいきかっけになるといいですね。

過払い金請求はまずは相談しましょう

バンクイック返済できない

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンです。銀行のカードローンでありながら即日振り込みに対応していることから使いやすいカードローンでサラリーマンを中心に人気です。

そんなバンクイックで返済できなくなりそう、または返済できなくなったらどうなるのでしょうか。

バンクイックの返済ができなくなるとどうなる?

返済ができない場合、主に2パターン考えられます。

返済を忘れていた

もし返済期日にうっかり忘れて返済ができなかったがすぐに気づいた場合、すぐにオペレーターに電話で連絡しましょう。一報を入れてから速やかに返済することであなたの信頼は保たれます。
しかし常習的になってしまえば信頼が失われ信用情報に傷を付けることになりかねません。

お金が準備できず借金返済できない

返済したくてもお金が準備できずに返済ができない場合、放置が一番よくありません。「いついつまでに返済できる」という具体的な日にちを電話連絡し必ず期日前に支払いをしましょう。
このような場合は、「遅延」と判断され3ヶ月遅延状態が続けば「返済遅延常習者」として個人情報に遅延者として履歴が残ります。

自動引き落としされずに窓口もしくはコンビニで支払うように支持されてしまいます。

 3ヶ月滞納した場合は強制的に一括返済要求されます。その後強制解約という流れです。

そうなる前に計画的に返済しておくことがとても重要になってきます。なぜなら個人情報に事故情報が載ってしまうと後の借入(住宅ローンや車購入の際の借入など)に影響が出てしまうからです。

継続して返済が難しい場合の解決策

返済が毎回滞りがちの場合の解決策として債務整理という方法があります。債務整理は借金や収入の額に関係なくできます。

苦しいながらも返済ができていれば債務整理に頼る必要もありませんが、済に翻弄されて人生が狂ってしまうような状況にある方は、あなた自身にとっても家族にとっても最善な策として債務整理が解決策になる可能性は十分あります。

債務整理の前にシュミレーション

今すぐに債務整理をするわけではないけど、今の自分の借金と債務整理の関係を知りたい場合などに役立つのがシュミレーションです。返済に行き詰まってしまった時には債務整理という道があることを頭のどこかに覚えておいてください。

債務整理に関するシュミレーション(無料)はこちら

楽天カード 取り立て

楽天カードはポイントも貯まるしとっても便利ですよね。楽天のポイント加算が多い時にカードを作った方も多いのではないでしょうか。
実際に利用した感覚としてすぐに作れる反面すぐに使えなくなるという印象です。

問題なく使える方がほとんどだと思いますが、中にはエラーコードではじかれていきなり利用不可になってしまっている方も中にはいらっしゃいます。
過去に返済を滞ったことがない方でもある日突然利用できなくなったという事も実際にあるようです。

返済を滞るとどうなる?

最初は文書で返済の催促が来ます。それでも返済しないまま放置しておくと電話や電報などを駆使して支払いが完了するまで連絡は続きます。

返済をしない方が悪いので速やかに返済するのが一番です。
楽天に限らずどこのクレジットカード会社でも返済しない方に対しての催促の方法に大きな違いはありません。

もし期日までに返済できにないことが続くとあなた自身の信用情報に傷がついてしまいます。
これがいわゆるブラックリストに載る行為です。新しいカードを作る際に審査に落ちてしまうことがあるのはこういった返済がきちんとできていない事でブラックリストに数年間載ってしまう事があるからです。

取立行為は厳しく規制されています

テレビドラマなどで見かける取立て行為は実際は禁止されており具体的には以下のようなことは禁止行為とされています。

 暴力的な態度
 大声をあげたり乱暴な言葉を使ったりする
 大人数で押しかける
 午後9時~午前8時までの取立て
 電話が鳴り止まないほどの取立ての電話
 張り紙、落書き、自宅への侵入
 勤務先への取立て
 借金している本人以外への取立て

返済ができなくて苦しい場合

クレジットカードの支払いができないことでいつまででも支払いを滞納することは会社にも迷惑がかかりますし、自分の信用もなくしてしまう行為です。もしこの先も返済が不可能と判断する場合には債務整理という考え方があることも知っておきましょう。

クレジットカードの滞納でも債務整理は可能です。債務整理をすると取立ては一切なくなります。毎日取立てに苦しんでいた方には日常が戻ってきます。

クレジットカードも借金という感覚を持っておくと使いや滞納してしまうことも少なくなるかもしれません。いつでも快適に借りれる環境は自分で確保しておきたいですね。

街角法律相談所(無料)の債務整理シュミレーションはこちら

楽天銀行おまとめローンで多重債務をどうにかしたい

楽天銀行おまとめローンは最大金額が500万円までおまとめが可能で、資金使途は自由。
500万円借りた際の金利(年)は年4.9%~7.8%
350万円以上500万円未満借りた場合は4.9%~8.9%

最大で10万円以上100万円未満で年14.5%の金利です。

おまとめで年利2桁というのは若干高い印象を受けます。
その理由に他社比較では一桁代の金利でおまとめローンができるところもあるからです。

おまとめローンの場合は通常の借入金利よりも金利の設定が低いので、多重債務者の場合はこのメリットを利用して一気に完済したいですね。

おまとめローンは総量規制対象外

おまとめローンは総量規制対象外なので、収入に関係なく借入が可能です。払える資金力、毎月安定した収入がある方はおまとめローンで支払いが可能です。

しかし審査に通らなければ他社の返済は滞ったままになってしまうので、債務整理という手段があります。

◆新たな借入先が見つからず焦っている
◆審査に落ちてばかりだ
◆おまとめローンをすることで無駄な金利まで支払うことになるとい聞いた
◆督促や取立てが来ているのでもう時間がない
◆貸してくれるところが見つかりそうにない
◆借金から開放されて早くラクになりたい

おまとめをせずに債務整理をした場合の現実

債務整理を選択した場合、債務整理の種類にもよりますが借金の支払いがなくなるということはないので、借金を返済していくことに違いはありません。

 ではなぜ債務整理をするのか?

□催促や取立ての電話が来なくなる

□将来の利息がカットされる

□払いすぎた利息が戻ってくる

上記のメリットがあるからです。追い詰められた状態にある方は債務整理のメリットを十分感じることができます。

債務整理のデメリットは、新たな借入が5年程度できなくなることです。必要であれば債務整理も視野に入れて借金返済がスムーズにできる道を選びましょう。他人とは比較にならない問題なので専門家に相談してみましょう。

債務整理の無料相談はこちらからできます

過払い金計算ソフト

過払い金の計算ソフトを探さなくても、簡単に借金の引き直し計算を無料でしてくれるところがあります。
自分の借金がグレーゾーン金利に該当するかどうかが気になっている方は早めに相談しておきましょう。
(グレーゾーン金利がそろそろ時効を迎える頃でもあります)

面倒なダウンロード不要で過払い金がわかる

街角法律相談所サイトなら無料で簡易的にあなたの過払い金が大まかに把握できます。わざわざダウンロードしなくてもいいので、なんとなくでも知りたい。という方が気軽に試せる方法です。

債務整理を考えている方なら、借金半額も夢ではありません。大幅に借金を減らせるかどうかはまずは簡単に調べておくといいですね。

もし過払い金が戻ってくるとわかれば、完済後であればブラックリストに載ることもないので安心です。

→過払い金が発生するか調べてみましょう

過払い金請求を自分でしたい

過払い金請求を自分でしたいと考えている方もいると思いますが、仕事をしながら過払い金請求をするのは少し大変かもしれません。
例えば街角法律相談所から過払い金請求を専門家にした場合、弁護士や司法書士に払う費用が高いイメージを持たれている方も多いかもしれません。

 過払い金の有無を調べた後で過払い金が発生していなければ費用はかからないのです。

現状把握後、金額が少額すぎて過払い金が少ししか戻ってこないとわかれば過払い金請求をしないという選択方法も自分で決めることができるのです。

自分ひとりで悩まず気軽に相談できるので、「あ、こんなもんか」と拍子抜けするほどです。

債務整理中に借りる

債務整理中に資金繰りに困り、借りたい衝動になってしまう方がいるようですが、これはしないでください。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼していることがほとんどです。もし債務整理中に借金を作ってしまったことがわかると、場合によっては弁護士が忍し整理から辞任されてしまうケースもあります。

いわばマナー違反になるので、絶対に控えましょう。

弁護士や司法書士に依頼した時点で自己情報に登録されたことになるので、大手の消費者金融の審査はまず通りません。

闇金で借りる危険性と負の連鎖

大手も中小も貸してくれないとなると、闇金からの借入も視野にれる考えが頭に浮かびますが、これでは本末転倒。借金を繰り返ししてしまわなければ落ち着かない借金依存性の可能性も出てきます。
もし、依存性ではなくまとまったお金がどうしても必要になった場合には、自分で勝手に借入れをするのではなく、まずは自分の担当になってくれている弁護士や司法書士に相談してみることをおすすめします。

必ず解決策を見つけてくれるでしょう。

闇金で借りる危険性と負の連鎖

ネットには必ずしも全ての情報が正しいという情報だけが載っているわけではありません。闇金から借りれますなどと謳っているところもありますし、多重債務者の心理をついた貸付方法の情報が溢れています。
自分の都合のいいように解釈してして借りることは危険だということを頭に入れておきましょう。

債務整理するタイミングがわからない

なんらかの形で返済ができなくなり、返したいけどお金がない状況での新たな借り入れは控えましょう。借りたいと思っても他社で返済に滞りがある場合は審査に通りにくいのが一般的です。

簡単に借りれることを謳っているようなところはむしろ注意が必要なのです。闇金である可能性があるからです。
返済が滞っていて急いで貸してくれるところを探しているあなたのような人が対象なワケですから、ひっかかってもおかしくないのです。

債務整理の最適なタイミングを逃さないこと

債務整理には最適なタイミングがあるのです。それは人それぞれ。しかし、ひとつの目安はあります。

 返済が滞ってしまって次に貸してくれるところを探している段階です。

このタイミングで債務整理していると、後の後悔が最小限に抑えられます。

  • 借入先が少ない
  • 借金総額が少ない
  • 闇金から借りていない

要は少しでも早く、少しでも借金総額が少なく、複数社から借りていないうちがいいのです。

真面目な人ほど返せない借金を返済しようとする

借金で人生を無駄にしない
頑張って返済することは当たり前です。それが借りた側の責任です。しかし、精神的に辛いにも関わらず自分を追い込んでしまってまで借金を返すことではないのです。借金を返せないことを理由に命を粗末にする方も中にはいますが、それは間違ってます。続きの人生が借金生活の先にもちゃんとあるからです。それをサポートしてくれるのが債務整理なのですから、使わない手はないですよね。

債務整理をしたい方はこちら(無料)です

奨学金返せない

奨学金が返せないという方、増えていますがこれは意識の問題もあると思います。
厳しいかもしれませんが、

◆奨学金は借金であり、自分で返済するものだという自覚があるかどうかです。
◆苦しくても返済している方はたくさんいます。
◆自分意外の誰かが返済を負担して迷惑をかけることも

2年前のデータですが奨学金を3ヶ月以上延滞している人が19万人もいるという事実。

債務整理という選択肢について知る

奨学金=借金なので、とにかく人から借りたものは返さなければいけないということです。
返せないとなると、保証人(親か親戚)に支払う義務があります。

ライフプランにおいて給料が上がらない場合などに、月々の奨学金の返済は生活を圧迫すると感じるかもしれません。

自己責任において奨学金という選択をして返済できないとなれば、もうこれは債務整理するしか道はありません。
もちろん、奨学金には返済の猶予期間があります。そういう努力をしてもダメな場合に使う手段ということです。

債務整理をした場合、生活に影響すること

  • 保証人に請求が行きます(長期延滞の場合には、差し押さえされる場合もあります)
  • ブラックリストになってしまう
  • ローンやクレジットカードが使えなくなる

こうなるともう自分の考えだけでは対処法がいつかりません。専門家に相談して自分の生活と未来の家族を継続して守れるライフプラン学び継続できるようにしましょう。

→奨学金に困っているならここで相談

債務整理ブラックリスト

債務整理をした方、もしくはこれから債務整理をしようと考えている方が、ブラックリストに関しての認識を正しく理解して今後の借り入れのタイミングなどに役立てましょう。

ブラックリストとは一般的にそう表現されているだけで、正式に存在はしないのです。貸金業者からのキャッシング、住宅ローンを組んだり、クレジットカードを作るとその個人情報が信用情報機関に記録されます。

個人情報機関は大きく分けて3つあります

◆CIC(株シー・アイ・シー)→クレジットカード系、信販系

◆JICC(日本信用情報機構)→消費者金融系

◆KSC(全国銀行個人信用情報センター)→銀行系

上記それぞれ情報開示請求をすることができるので、過去に借金していて審査に不安がある方や新たな申し込みを検討されている方は事前に調べてみましょう。上記は相互共有しているので正確な情報を知りたい場合には、3つ全てに開示請求すると安心です。

スマホや携帯電話での開示申し込みが可能なので試しているといいでしょう。

※手数料としてネットの場合各機関1,000円の手数料が必要です。来社の場合は500円なので各機関のホームページなどで場所を確認してみるといいでしょう。

 

これから債務整理をしようと思ってる方
債務整理の種類や各機関によって情報の登録機関が違ってきますが、将来的に結婚してマイホームを建てる計画がある方、もしくは新たな借り入れ(車のローン)などを検討している方などは審査の際に落ちる可能性もあるので目安にしておいてください。