サラ金返せないと悩んでいるなら

最初は気軽な気持ちで欲しいものを買うために3万円だけお金を借りた。みんなと遊びに行きたくて旅行代をキャッシングした。生活そのものがきびしくなってしまってお金を借りた。いわゆるサラ金といわれるところからお金を借りる人はたくさんいます。

気付かないうちに借金は膨らんでいくのです。借金問題は早目に解決しないと

最近はどんな理由でも即日融資という金融機関が多くなってきました。多くの人が利用しやすいという特徴を持っているのですが、

気軽に借りれる分、サラ金で借りたお金が返せなくなってしまい、金利ばかりがどんどん増えてしまうという状況に陥ってしまう人もいます。

サラ金の場合には柔軟にお金を貸してくれるので、1つの会社だけではなく複数の会社からお金を借りる事もできるので、そういった場合はそれぞれの会社に対して返済をしなければなりません。それぞれの返済にはその分の金利が必要ですよね。

特にサラ金の場合には金融機関の中でも金利の設定が高いという特徴があるのである程度まとまったお金を借りればもちろん、その時その時は小さな金額であっても最終的にトータルでの借入金額が大きくなれば支払う金利そのものも大きくなります。

気づいた時には借金が大きくなっていてどうやって貸せばいいの?と悩んでしまう人も多いのです。

まずは自分の借金の現状を把握することです。借金整理しよう。

今自分がどこからいくら借りてて、いくら借金が残っているか知っていますか?まずは自分の借金を把握することが大事です。現状から逃げていませんか?

サラ金から何度もお金を借りてしまうと借金だらけの生活になりお金を返せなくなっても、サラ金からは取り立ての電話がかかってくるように…。携帯電話や、自宅にかかってくる電話。放置していても最終的に会社に連絡が来たり、郵便物が届くようになってしまうので、借金からは逃げ出すことはできません。

借金から逃げだすことを考えるよりも、借金専門の相談所に相談してみませんか?

 債務整理を行う事で、サラ金でお金を借りた際に発生する金利を無くした状態で元金のみ返済することができるのです。

どうすればいいの?と悩んでいる間にも毎月毎月の金利は膨らんでいます。借金だらけの生活でもう返せない!と思った時にはすぐに弁護士に頼むことです。債務整理を進めていくようにすれば、膨らんでしまった金利も比較的少ない状態で済むために任意整理などをする場合にも金融機関側が交渉に応じてくれる確率も高くなるのです。

 

イラストとにかく早い段階で債務整理を考えていくことこそが借金だらけの生活から抜け出すための第1歩といえるでしょう。

 

 

闇金相談bellman0505

複数の借金を一つにまとめたくて詐欺師に騙された女性の話です。

詐欺師に騙せれてさらに借金をつくってしまう

借金をまとめたくてどうしても300万必要でネット調べたら何件かヒットしました。メールでまずは個人情報を入力し、すぐに返信メールがきて、「一次審査が終わりました。連絡ください」との事でしたが、こっちからは連絡しませんでした。

すると折り返し携帯に連絡あり、30万融資可能ですと。それは「希望額ではないので」と断ると希望額を聞かれ伝えると「保証人つけれますか?つけれなければ保証会社と言うのがありますので、私も頑張りますのでお待ち下さい」と言われました。

また折り返し連絡があり、保証会社でO.K. とれたのと300万の枠も取れました。ただ条件がついてまして、JICC 信用情報機関の更新が必要でそのためにはご自身で携帯電話の新規契約と分割払いが必要だと言われました。

それをすればすぐに融資可能ですと言われそのまま、3台購入してしまいました。すぐに連絡したらそのまま送って下さい。届いたらうちが買い取りしますので、すぐに30万入金するので解約手続きと解約手数料、購入代金を支払ってきて下さいと言われました。

届いたか確認すると届いてるので、保証会社からの連絡待ちですと言われ二時間ほど待ってから連絡すると他社の金融会社からの15万の枠が上がってきてるので保留って形になってますと言われました。

それをなくすには違うショップに行ってまた更新してきて下さいと言われてさすがに詐欺だと思い、警察に事情を話しました。
そしたら被害者だと思ってたら、加害者になってしまいました。

 警察側は、あなたが携帯会社を騙した事になるんだよと。
もし携帯会社が訴えたならあなたは逮捕されますよ!と。

おいしい話には裏があるのです。

300万円は大金です。そんなに簡単にお金を貸してくれるところはありません。お金を借りようと思ったら、正規の金融業者(銀行や貸金業協会に登録している大手の金融機関)で申し込みを行うのが安心して利用するコツです。

正規業者や銀行からの融資が受けられないから闇金に手を出す=普通に借りれないから闇金に手をだしてしまう=正規の業者で断られたら闇金がある。普通に借りれないのに闇金が貸してくれると信じている人が多いのです。

 このケースは携帯端末を利用されていなかったから、被害が最小限で済みましたが、利用されていたらその料金も発生してきます。

「保証人つけれますか?つけれなければ保証会社と言うのがありますので、私も頑張りますのでお待ち下さい」

きちんとしている金融機関ではこんなことは絶対にありません。

JICC 信用情報機関の更新が必要でそのためにはご自身で携帯電話の新規契約と分割払いが必要だと言われました。

これも絶対にありません。携帯電話の契約なんて全く関係ありません。

そのまま送って下さい。届いたらうちが買い取りしますので、すぐに30万入金するので解約手続きと解約手数料、購入代金を支払ってきて下さいと言われました。

これも典型的な詐欺の手口ですね

とにかく早く弁護士の相談を受けた方がいいですね。
このままだと詐欺師の言うがままに携帯電話会社を騙したことになりますので、早目に相談した方がいいです。

無料で匿名で、相談にのってくれますので、そういうのを活用して解決しましょう。

借金相談返済ドット

 いま、病気療養中で仕事ができないので借金が払えません。自己破産ではなく、金融機関からの借金の金利を止めて、生活保護を受ける事ができますか?  病気が治って仕事ができるようになったら生活保護解除後、返済していこうと思っています。

 生活保護は借金があっても病気で働けない理由を明確に記入すれば受けられます。窓口では、あらゆることを言われますが強く出て申請用紙をもらって提出しましょう。

生活保護要件

1、援助してくれる身内、親類がいない。

2、資産が全くない

3、働けない(けがや病気など)

4、1~3緒満たして月の収入が最低生活費を下回っている。

最低生活費は地域や家族構成などから国が算出。

働けないというのはハードルが高いです。自動車は所有が認められないと思っていてください。申請時に定まった住所に住んでいることも必要です。インターネットや携帯電話は生活保護受給中でも利用出来ますが、保険は解約するように言われます。

 生活保護解除後、返済することもできますが、その間の金利はどんどん増えていくのではないでしょうか?弁護士と相談して現在の借金の返済方法等を考えないと、取り返しのつかないことになりますよ!借りたものは返すのが筋ですが、それは返せる人ができる事。

病気が治ったからといってこれまでのように働けるかというと、どうなっているか分かりませんよね。

借金問題は専門家と相談して、最善の策で解決していきましょう。

返せるようになったら任意弁済もできます。

匿名・無料でご自分に合った弁護士さんを探せますので一度相談されてはいかがでしょうか?

 

 

パチンコ依存症症状

自分はパチンコ依存症??と疑いだしたら…。こちらのチェックをやってみてください。

●パチンコのことがいつも頭から離れない

●話題がパチンコのことばっかり

●日々の生活においてパチンコを最優先している

●他人とのコミュニケーションが激減、話題がパチンコ以外なくなる

●友達が最近離れて行っている気がする

●目つきがヤバくなってくる

●自己中

●借金が増加

 

どこからがパチンコ依存症?

パチンコ依存症とは、パチンコがやめられなくなっていると依存症です。他にしなければならない事があるのにも関わらずパチンコを優先する方は依存症です。

家庭や社会生活に支障をきたしていなければ問題ないのですが、パチンコで負けて借金したり仕事や家事ができなくなってしまったら治療が必要なほどの依存症といえるでしょう。

 

症状としては程度に個人差がありますが「頻繁に、始終パチンコの事を考える」「パチンコをしている最中など、冷静な判断ができなくなる」「無性にパチンコがしたくなる」

ということから、

「日常生活がだらしなくなる」「辞めたいと思っているけどやめられない」「使ってはいけないお金に手を出してしまう」

という問題が生じます。

休日に朝から夜までパチンコをしているからといってもそれだけでは依存症とは言えません。小遣いの中でやっているのであればパチンコが好きなだけ=趣味です。肝心なのは自分の意思でコントロールできているかどうか。負けて小遣いがなくなったら「また来月にしよう」と意思をコントロールできれば依存症ではありません。

 

借金せずに、普通に生活できていれば趣味でおさまりますが、とにかく借金してまでパチンコ打ってるようであればすぐにやめないと大変なことになってしまいますね。

パチンコで負けた分をパチンコで取り返そうと思わないでください!

パチンコで借金300万円を作ってしまいました。銀行系3社から借りていて現在返済しています。彼女との結婚なども考え、今はパチンコをやめましたが月々の返済額だけで8万程度かかるため、とても結婚して暮らせるような状況ではありません。

ちなみに私の月収が20万(年収260万)、彼女は無職です。
借金を一本化して返済額を減額することは可能でしょうか?

債務超過でどこからも借りれないでしょう。この場合は債務整理しかないです。年収以上の借金はこの収入では返済不可能です。借金を借金で返すということが間違いです。結婚予定している人に理解してもらって債務整理をすることが一番です。間違っても、おまとめできます!という名前も聞いたことがない無名の闇金なんかに引っかからないことです!これだけは絶対にしてはいけません。

借金問題は専門家に相談の方が確実に早く解決できます。

誰にも言えない借金問題、どんな些細なことでも早い相談が一番です。
匿名で、住所なども内緒で相談できますので一度相談されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

東京都無料法律相談

複数のサラ金から借金があり厳しい取り立てに苦しんでいましたが、弁護士に借金の整理を依頼して取り立てはピタリと止まりました。でも、1社だけが取り立ての行為をやめてくれません。どうすればいいですか?

弁護士を頼んだのに業者が取り立てに来る

弁護士に依頼すると取り立てがなくなるのは本当?…本当です!!

貸金業者の多くは弁護士から借主の代理人になったという連絡を受けると直接借主に取り立てをすることは控えます。連絡や交渉の窓口は全て弁護士になるので督促状などの書類も弁護士の事務所あてです。

  業者が弁護士から連絡を受けた後も借主への取り立てをやめないと貸金業法の取り立て禁止行為に違反するということで処罰されます。これは電話やファックス、電子メールをすることもできないのです。

弁護士と同様に、司法書士に依頼しても借金の取り立ては止まります。

弁護士や司法書士を頼んでも取り立てがなくならない時はどうするの?

貸金業者がこの規制に違反し、債務者等に直接取り立てをすると2年以下の懲役、または300万円以下の罰金になります。

 

この取り立て規制は債務者が破産申し立て、民事調停、民事訴訟など民事事件に関する申し立てを裁判所にした時も同様で、業者は裁判所からその旨の通知を受けた後は取り立てはできません。

それなのに業者からの取り立てがやまない時は、警察に被害届や告訴状を出し、都道府県の担当課に業者から被害を受けた事を通報すること。損害賠償を求める民事裁判も起こせます。

 

弁護士を名乗る詐欺
中には、弁護士や裁判所のフリをして多重債務者に支払いを求める詐欺もあるようです。怪しいな?と思ったり、変な督促を受けたら支払う前に必ず弁護士や裁判所に事実の確認をしましょう。

 

相手が伝えてきた連絡先を鵜呑みにして連絡すると詐欺師につながって、ますます被害が広がることもあります。必ず良く調べて本当の裁判所か弁護士か、の確認はしましょう。

こちらでは、安心して依頼できるところばかりです。匿名で借金相談にのってくれますので、お気軽にご相談ください。

 

借金相談ねっと

借金の返済で悩んでいませんか?あなたはいま、どこからの借入で悩んでいるのでしょうか?

住宅ローンなどの銀行の借り入れ?カードローンや消費者金融などの借金返済?に悩んでいる方で、

「もう返済ができない。」「お金がない。」「他では借りれない。」いったいどうすればいいの?と思い悩んでいませんか?

借金の返済で悩んでいるなら債務整理を始めませんか?

悩んでいる方へ…債務整理という方法を知っていますか?

債務整理とは借金の悩みから解放してくれる唯一の法律で守ってもらえる解決方法なのです。返済出来ないから、「どこかほかの貸してくれそうなところで借りよう!金利が少し高くても、構わない!」なんて思っていませんか?

絶対だめですよ!闇金に手を出すくらいなら債務整理を検討しましょう!

債務整理にはいろいろな種類があって家や車を手放さなくてもできる方法もあります。

借金を完全になくす方法もありますが、利息だけを免除してもらい借りた分だけのお金を返済する方法もあります。

どちらにしても債務整理は借金で苦しんでいる、困っているあなたを救済してくれる方法です。自分の状況をしっかりと把握してどの方法で進めていくか!を考えていきませんか?

自分に合わせた債務整理をしましょう。

債務整理の中でも、自己破産は借金の返済義務がなくなってお金を返す必要がなくなるのですが、財産の処分をしなければいけなくなったり10年間もブラックリストになってしまうので、新しくクレジットやローンはできなくなります。

 

自己破産までしなくても、借金の金額が少なくなる事で返済ができるなら任意整理という方法ならデメリットも少なくなります。

 

自分の今の状況をしっかりと把握してどの方法が最適なのか?自分に合った方法を選ぶ事が必要です。自分でできるものもありますが、自分で調べても手続きが難しかったり時間がかかったり…その間の借金は支払っていかないといけません。

 

借金問題は専門の知識が必要です。今は、債務整理の相談は匿名で、しかも相談料無料で行ってくれるところがあります。

 

どこに頼んだらいいか分からない借金問題!
家の近所にある弁護士や司法書士でも手続きは行ってくれますが、悩みを家訓実に解決するには実績のある優良な専門家に依頼することが大事です。

 

法テラス借金相談

500万円弱の借金があって今は、毎月10万円強支払いを続けていますが、自己破産しようと思っています。法テラスに相談しようと思っているのですが、借金はもう払わなくていいですか?催促の電話がかかってきたらどうしたらいいですか?
支払いは止めてもいいです。電話がかかってきたら、弁護士に相談しているので後日そちらに連絡がいきます。○日の予定になっています。といえばいいでしょう。

問題解決の「案内」

 

法テラスに相談に行くと相談した弁護士は名刺をくれます。依頼するかどうかはその時に決めなても大丈夫。相性で決めてもいいですね。

 

住宅や不動産を持っているなら、管財人が入るので、破産するのに弁護士費用合わせて50万円くらい、、持ってなくても20万円は必要です。

 

自分で裁判で自己破産手続きをすることもできます。費用は7~8万円ほどかかります。自分でやれば費用は安くできるのですが免責決定までに5か月ほどかかります。その間債権者に居所をつかまれないように隠れる事です。免責決定までは相手も取り立てができるからです。

 

そんなコソコソした生活出来ますか?
これが、弁護士に頼むと、ピタッととまるのです。借金の問題はなかなか一人では解決できません。専門家に相談して自分が今しなければいけないのは何なのか?

匿名で相談できます。無料なので、お気軽にご相談ください

 

債権取り立て文書がきました

サラ金から以前借金していました。債務を返済していないのですが債権者からは取り立てを受けた事もなく、返済期限から10年以上経ってます。が、突然、全く知らないところから債権を譲り受けたという債権取り立て文書が来て…。これは返済しなければいけませんか?
債権の権利は言っていの期間が経過すると時効になって消滅します。請求できるのに長期間放置するような権利の上に眠るも者を保護する必要はないからです。通常の債権は10年ですが、種類によって期間は違います。サラ金業者が株式会社などの会社なら5年、個人なら10年で時効となります。

払わなきゃいけないの?

 

時効期間というのは、債権者が権利を行使することができる時点から計算します。上記の方の場合、最初の返済日の翌日から時効期間を計算します。

 

契約の内容や返済状況によって時効期間の始まりの時点は異なります。

 

時効期間が経過する前、業者から訴訟を起こされていたり、借金の一部を返済していたり、借金の承認書を書いたりしていた場合、その時点で時効の進行がストップします。ストップした時点から、また新たに時効期間が始まります。

 

時効期間が経過すれば、自動的に債務がなくなるわけではありません。

 

債務者が債権者に対し、時効によって債務がなくなったので支払いはしない、というこ とを表明する「時効の援用」を行って初めて債務が消滅します。時効の援用は、文書にして送るのがいいでしょう。書面と配達した日の記録が残るように、内容 証明郵便で送ることをお勧めします。

 

  債権買い取り業者が債権を買い取っている場合、貸主が当初借り入れをした業者ではないため、時効の援用ができないのではないかと心配になりますが、そんなことはありません。時効の援用通知を出すことで、借金をなくすことができます。

 

債権取り立てでどうすればいいか悩んでいるあなた!悩んでいても解決できません。
早目に相談することが解決の近道です。一人で悩まずに、相談料無料・匿名で相談できます!!あなたにべストな解決策を考えませんか?

クレジット返済できない

クレジットカード、とっても便利でよく利用している人、多いですよね!

最近はネットショッピングが大人気!!安くて時間関係なく買い物できるのでついつい欲しいものを見つけると、「ぽち」っと!

今の財布の中の現金では買えないものも、クレジットカードなら分割で購入することが可能なので、来月ボーナスなので…。もうすぐ給料日だから…。と知らず知らずのうちに使いすぎていることも。

クレジットカードは魔法のカード!便利さに潜む怖さ

 

★クレジットカードは手軽に欲しいものが手に入ると錯覚させる魔法のカードなのです。

 

クレジットカードは出すだけで欲しいものが買えるし、ネットなら登録しておいたクレジットで購入すると、面倒な手続きなしで商品が数日で自宅に届きます。カード会社によっては使えば使うほどポイントがたまるので、とてもお得な感じがしますよね。

 

  しかし、クレジットカードは便利なだけでなく危険なものに変わってしまう危険性があるということを忘れてはいけません。

危険なのは、「自分の利用状況を認識せずに使いすぎる」ということ。自分の財布から直接現金が出ていかないので財布のお金は減りません。この事がお金が減っているという意識を薄れさせるのです。

 

カード1枚で物が買えるということで金銭感覚がマヒしてしまうことは怖いですね。

クレジットカードは決して魔法のカードではありません。借金して先に支払いをしているということを頭に置いて利用しなければいけません。この時、クレジットカード1枚ならまだしも、2枚、3枚を同時に利用してしまうと本当に返済不能に陥ります。

クレジットカードの支払いできない!どうなる?

「知らず知らずにいろいろ購入していて預金残高が0円に!」「現金を今持っていないからカードで支払っておこう」ということが重なってクレジットカード複数社からの借金が膨らみ…クレジットカードの支払いを延滞してしまった場合、もちろん延滞に対する催促の電話がかかってきます。

 

これにきちんと対応できればいいですが、払えずに延滞を続けてしまった場合、勤務先に催促の電話がかかってきてしまいます。

これだけでも困ると思いますが、金融機関の信用情報機関に金融事故として記録されます。3か月ほどクレジットカードの返済を滞納するとそのままカードが強制解約、新しくクレジットカードを作るにも取引終了から5年間は作れないのです。

金融機関にキャッシングやカードローンの申し込みをしたくても審査に通らないという状況になってしまいます。さらに支払を延滞すると預金や給料の差し押さえ、不動産の差し押さえも。

財産を差し押さえられる前にきちんと支払いしなければいけません。

現在クレジットカードの支払いのみが困難な状況の方というのは少なく、こういった方はクレジットとは別に消費者金融などからも借りている場合が非常に多いのです。

 

このような、どうしようもない状態から抜け出すには、どうすればいいのでしょうか?

 

膨らんでしまった返済不能な借金に茫然としていませんか?一人で悩んでいるだけでは解決しませんよ!
債務整理をされた方の中に、数百万の借金を整理してもらって、生活が楽になった方も沢山います。

  借金問題に困っているなら、少しでも早目に借金を整理するためにプロにお任せが1番です。

債務整理によって返済出来なかった借金を減額!返済期限を延ばしたりすることが可能になります。

膨れ上がる借金に苦しい生活を続けている人!絶望してしまいそうな毎日に耐えて生活している人!

相談料無料で弁護士や、司法書士に悩みを相談できます。一緒に解決して明るい未来を切り開いていきませんか?

 

 

 

 

 

パチンコで多重債務

パチンコというのは、投資の世界と同じです。1000万円の投資で、750万円になってしまうと1000万円に戻すのは難しいことだと思います。これと同じで

パチンコは4円の玉を借りて、3円で買い戻すこと、出だしですでに25%負けていることなのです。この事に気づいていましたか?

 

パチンコ自体は悪いものではありませんが、パチンコというのは依存症に陥りやすいものです。パチンコ依存症になった方は多くが多重債務者になっている事も現実で、パチンコで負けてしまい借金してそれを取り戻そうとします。

パチンコでの借金は相談できない

 

パチンコでの借金は人に相談することができない事が多く、返せないので、また違う消費者金融から借り入れしてしまうというケースが多くなっているのです。どうすればいいかわからない状態なので精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。

 

パチンコは人を正常に判断できなくさせる環境とも言われています。

 

 借金をパチンコで勝って返済すればいい!と頑張っている人もいますが、頑張れば頑張るほど借金が膨らむ…。この負のスパイラルをどこかで止めなければ多重債務はドンドン深刻になっていくでしょう。

 

本気でパチンコでの借金を解決したいなら

 

 まずは強い意志でパチンコをやめることです!パチンコなどのギャンブルから足を洗うことです!勝って返済しようなんて、絶対思わないことです。

 

 債務整理を専門としている法律事務所に相談することです!匿名で無料で相談にのってくれるので、相談してみましょう。

 

今も、一生懸命、借金を払っていますよね。借金というのは元本を減らしていかない限り増え続けます。

多重債務者の多くが元本を減らせずに金利だけを返済しているという人が多く、借金を減額していくことができていません。このような事態に陥ってしまったら1度債務整理を専門としている法律事務所に相談することをお勧めします。

 

法律事務所は、あなたの悩みを親身になって聞いてくれます。一人では解決することが難しい借金問題。

 

悩んでいても時間と金利ばかりがかかっていくだけです。

 

借金問題。解決すれば、またやり直すことができるのです。
生活も楽しくなりますよ。借金問題は解決「する」か「しない」かです。あなたはどちらを選びますか?

 

 

 

 

専業主婦多重債務

専業主婦の多重債務問題

実は借金に悩む4割の方が女性なのです。その中でも多いのが意外にも主婦の方なのです。女性が借金をする理由として多かったのが「生活費を補うため」という結果が…。

家計を握っているのは主婦の方が多いわけですが、決してショッピングなどの浪費ではありません。

専業主婦が借金をしてしまう理由

「夫の給料が下がってしまった。」ということが多い原因とも言われています。

 

子育て中で預かってくれる保育所などもなく、自分も体調が悪く働きに行けない。なのに、夫の給料が下がってしまい、家のローン、生活費、税金、支払いたくても支払えない。後少しのお金があれば生活苦が楽になるのに…。

 

そんな時に持っているクレジットカードでキャッシングができる事を知り、

「新規で手続きをしなくても、手持ちのクレジットカードで現金が手に入る!!」

 

本当に苦しい時だけこの機能を利用しようと。今月だけクレジットカードで少しだけ借りることに。

 この機能、すごいんですよね!クレジットカードを持っていって機械に通すだけで、現金が出てくるのです。

 

自分のお金でもないのに現金が出てくるんです。まるで自分の銀行預金からATMで引き出すのと同じように!

 

利用限度額までのお金は簡単に引き出せるんです。何の断りもせずに…。

  これが危険なのです。「自分が自由に引き出せるお金=自分の預金のお金」と勘違いし、自分のお金を引き出しているような感覚に陥ってしまうのです。

 

この収入がない専業主婦でもかんたんにお金を借りる事ができる「クレジットカード」のキャッシング利用での借入が増えて主婦の多重債務者が多くなっているのです。

 

クレジットカードでの借入は旦那さんには内緒という方が多いのではないでしょうか?でも金額が大きくなってくると一人で支払って行くのも限界がありますよね。バレて大変なことになる前に旦那さんに相談してみてはいかがでしょうか?一緒にどうするか考えてくれるかもしれません。

でも、そんなの絶対無理!!という方、家族にバレない解決方法が知りたくないですか?

 

そんな方は、匿名で無料で相談にのってくれる借金相談所を利用するのもいいと思います。
今ある借金が減ったり、場合によっては支払わなくてもいいかもしれません。支払った借金が返ってくることもあるのです。

 

 

 

闇金相談解決実績4813件違法な金利

違法な金利って何%から??

[titled_boxて color=”black” title=”暴利な闇金業者が摘発されたというニュースを見ました。で、法定利息の何百倍もの違法な金利を取るそうですが、そもそも違法な金利って何%からなんですか?”]金銭消費貸借契約、借金の契約は借主(債務者)が同意すればいくらでも利息を取れるものではなく、法律で一定の上限が決められているのです。

[/titled_box]

法律で決められた一定の上限

金利の上限の決め方 → 利息制限法・貸金業法・出資法の3つで金利を規制しています。

利息制限法は貸主が借主に請求できる利息の上限を決めてます。

 

借金額が、

  元本が10万円未満の場合、年2割(20%)

  元本が10万円以上100万円未満は年1割8分(18%)

  元本が100万円以上は年1割5分(15%)

を上限としそれを超える部分の契約は無効です。

これを超える利息契約を定めてもその超過する部分に関しては無効(超過部分の利息は支払わなくてもOK)

 

 例えば、100万円を年2割の約束で借りたとしても利息制限法は1割5分(15万円)の利息しか必要ありません。

 

大手の貸金業者の貸付でも、この規制を超える金利で貸し付けていた

 

利息制限法・貸金業法・出資法の改正法が完全施行される前には現在の大手の消費者金融でも違法な金利で貸付を行っていたのです。

 

 その貸金業法の改正前にお金を借りていた人、今は完済している人は、返還手続きすればお金が返ってくるかもしれません。

 

過去のキャッシングですでに完済している人にとっては、過払い金請求手続きをおこなうことによるデメリットは特にないのです。

 

しかし、過払い金請求は10年経過してしまうと時効で請求できなくなります。
あと、消費者金融が倒産しても請求ができませんので、該当しそうだと思ったあなたは、急いでご相談くださいね。

 

 

 

090金融とは?

電柱やガードレールなどに「即日振込!お金貸します。090-××××」という貼り紙、見た事あるでしょう?この張り紙で顧客を勧誘するもの。

それこそが090金融です。携帯電話1本で融資をしてくれるということで、そういう名前が付きました。

090金融は地元にいる

「スピード金融」などとも言われ地元の闇金融で、貸金業者として登録をしていない無登録業者です。事務所や店舗を持っていなく、張り紙や携帯電話に借入の申し込み電話があると、待ち合わせの場所に車で行って、車の中で現金を手渡ししたり、返済金を受け取ったりします。

 

金銭の受け渡しは全て手渡しで、証拠を残さないように契約書も領収書もなしです。

 

地元というだけあって実際に借主本人だけではなく家族や親族の自宅にまで取り立てに来るのでとても怖い貸金業者です。

 

事務所や店舗などを持っていないので、業者の住所や名前は特定できずに、弁護士などから通知の文書を出すこともできません。なので、電話での通知になるのですが、プリペイド式電話や名義が他人のものだったりするので短期間で電話番号が次々に変わって追いかけにくい存在の貸金業者です。

 

  彼らは、1日に嫌がらせの電話を100件かけるというのはざらで、酷い場合、会社の上司に「お前が肩代わりしろ」と迫ったり近所の人にまで要求するということまであるのです。

 

090金融も金主から50万円程度を借りて商売をしているので、客が払えなければ自分が弁償しなければならないからです。そのために、厳しい取り立てになるのです。

 

090金融は暴力団も絡んできますので、絶対に手を出してはいけません。

 

090金融は大きな金額は貸してくれないのに、詳しくいろいろな事を聞いてきます。

それは、借り手の信用情報のためではなくて、取り立てに利用するためです。

 

暴力団が絡む…そうなってくると、素人が自分の手でどうにかできるものではありません。

 

専門家の知恵を借りて力を借りて解決しましょう。
まずは匿名で相談してみませんか?弁護士さんも、それぞれ得意分野が違ってきます。どこの弁護士でも同じというようなことはありません。あなたに合った解決方法を一緒に探しませんか?

 

 

任意整理と自己破産の違い

任意整理と自己破産は真逆といってもいい程の違いがあります。

返済できるのか?返済出来ないか?

任意整理はあくまでも任意(当事者同士の自由意志)による交渉によって借金整理を図ろうという手続きの事です。

自己破産は裁判所に「免責決定」を出してもらうことを目標としているので裁判手続きに該当するのです。免責決定が出ると貸金業者からの借入金はすべて支払う義務がなくなるということ。

自己破産は債務整理の中でもまさに最終手段です。

自己破産は誰でもできるわけではない。

法的に債務の支払い義務がなくなるので、できるなら自己破産したい!という方が多いと思いますが

自己破産の要件には、「支払い不能状態」である事が必須です。

その他にも所有財産の精算や職業・資格制限など、様々なデメリットがあります。自己破産というのは安易にするべきものではないのです。

色々な観点から、任意整理で解決できるに越したことはなのです。しかし、任意整理をしたのに返済が苦しいのでは意味がないですよね。

自分にとってどの手続きが1番あっているのかというのは、素人ではなかなか判断できかねます。法的な目線でアドバイスを受けてみるのが解決への近道ですよ。

任意整理にかかる費用

弁護士事務所や司法書士事務所などに支払うお金が、任意整理にかかる費用です。

なので、事務所ごとに費用はかわってきます。

選ぶポイントとして、

 最初から総額として必要な金額が明示されていて追加費用が発生しないということがはっきり記されている事務所を利用しましょう。

さらに事前の見積もりをしてくれる事務所ならいいですね。

多くの事務所が任意整理の費用を分割で支払えるようになっているのでそのような事務所を利用することも安心できることであると思います。

 

借金回収方法

借金の回収方法がひどく、病気になってしまった…。損害賠償請求はできるのか?

ヤミ金業者の昼夜を問わない取り立てで妻がPTSDとなり入院してしまいました。業者は逮捕されましたが妻の入院費や慰謝料をとれないですか?
不法行為に基ずく損害賠償請求ができます。

 

損害賠償請求

 

違法な取り立てで被害を受けた借主はその取り立てをした貸主に対して、不法行為に基ずく損害賠償請求ができるのです。

 

悪質な貸金業者に対する刑事処分や行政処分を求めうるだけでなく、その民事上の責任も追及できます。

 

それは精神的苦痛への慰謝料支払い財産的損害の補償です。

 

例えば、強引な取り立てによるストレスで病気になったり会社に取り立て屋が来て騒いだり周りに借金の事を知られた(プライバシー侵害)時には慰謝料請求できるのです。

 

財産的損害とは取り立てが原因で退職や休職した時の減収分や病気の治療費などの事です。

 

損害賠償請求は誰にするのか?

 

実際に違法な取り立てをした業者の従業員や債権取り立てを依頼された取り立て屋にも請求すればいいです。中には、従業員が勝手にしたことなので知らない!という責任逃れするものもいますが、業者には使用者責任がありますので賠償責任は免れません。

 

 PTSD(心的外傷後ストレス障害)の場合は、ヤミ金業者と取り立て行為をした実行者に対し慰謝料と治療費などの請求ができます。

 

どちらにしても、ヤミ金が絡んでくると、一人での解決は難しくなってきます。
きちんと専門家に頼んで、安心して解決したいですよね。匿名で無料で相談できますので、お気軽にどうぞ。

 

 

 

 

借金相談倉敷

兄が商売に失敗してサラ金から多額の借金をしているのがわかりました。兄が返せない為貸金業者は私達に借金の肩代わりを迫ってくるのですが…。支払わなければいけませんか?
家族が借金を返す必要はありません。借りたお金を返す義務のあるのは通常本人と保証人だけです。

 

親・兄弟でも肩代わりの義務はない

 

その借金の保証人になっていない限りたとえそれが子供や兄弟の借金でも家族や親族の方々には支払う義務はありません。

 

勝手に家族や親族の名前を契約書の保証人の欄に書くこともありますが、その当事者が債務者のした借り入れや保証人になる事に同意していない以上、その保証契約は無効で支払う義務はありません。

 

夫や妻の借金は配偶者なら無条件で払わないといけない??

 

これも、そんな決まりはありません。たとえ、夫や妻の借金でもその借金の保証人になっていない限りは配偶者が夫や妻の借金を払うという義務はないのです。

 

民法で、日常家事債務といって、食料品や衣料などの生活必需品の購入費、家賃、教育費等生活レベルに応じた娯楽費などの借金は夫婦が連帯して責任を負うと定められていますが、それ以外のギャンブルとか仕事上の失敗によるものは保証人になっていない限り、たとえ夫や妻の借金でも支払う必要はありません。

 

金融業者が保証人以外の家族や親族に返済を請求することは日常家事債務の借金を除けば禁止されています。

 

 支払いの義務はないと取り立てを拒絶しても業者が家族や親族への請求をやめないときは貸金業法違反で警察署に被害届を出すか、刑事告訴できます。