個人再生ってどういうこと

個人再生とは、簡単に言うと、借金の返済額を減らすことによって、多重債務問題に悩んでいる人の再生を図るということ

 

この事から、個人再生と呼ばれています。この特徴として、住宅を守ることができるという事があげられます。

個人再生とは、自己破産と任意整理の間のような制度で、自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけでなく、債務を大幅に免責(5分の1程)してもらって任意整理のように長期の分割払いにしてもらうという制度です。減額幅は任意整理よりも大きくなります。

債務を大幅に免責し、それを3年で支払うという再生計画案が裁判所に許可されれば、債務は計画案に記載された額まで減額されます。3年での分割払いが終わると全ての債務がなくなります。返済期間は、特別な事情がある場合には5年までの長期分割弁済が認められます。

個人再生のメリット と デメリット

メリット

● 住宅や車などの財産を手放さずに手続きができる場合がある。

● 債務が5分の1に減額されるために返済が楽になる。

● 手続き開始後は債権者は強制執行(給与差し押さえ)ができなくなる。

デメリット

● 返済を継続できる収入がないと手続きができない。

● 借入が今後約5年~10年間はできなくなる。(一般的に言うブラックです。)

● 住所氏名が「官報」という国が発行する機関紙に掲載されます。

 

個人再生に条件はあるの?

 

個人再生は誰でも利用できるわけではないのです。希望者全員の債務をすべて免除していては貸金業者は破綻してしまいます。

1 ・ 絶対条件は、「支払い不能のおそれ」があるもの。これは裁判所が行う事で、個人が判断できません。

2 ・   次に「安定した収入がある人」これは最終的には返済を継続させないといけないので、全くの無収入では手続きできません。

3 ・ 最後に「住宅ローンを除く総債務額が5000万円以下である事。

 

個人再生にかかる費用ですが、裁判所への予納金や申立書作成費用にかかる収入印紙などで約20万円。弁護士に依頼の場合はそれに加え30万円程度司法書士の場合は20万円程度の報酬が発生します。

 

手続きが難しい!

 

個人再生は債務整理の中で最も難しく、法的に見てもかなり複雑な手続きになりますので、素人が1人で行う事は無理があります。

専門家に相談を依頼すればスムーズに手続きを始める事が可能です。
費用も依頼する事務所によって異なってきます。申し立てを行う裁判所でも違いますので、相談をされる際に費用についても確認しておきましょう。

 

 

 

審査甘い貸し金業者を探す

あなたは借金返済のために借金しようとしていませんか?

 

審査が甘い貸金=闇金と考えた方がいいですよ!

 

 すぐに借金できて、保証人なし、ブラックでもOKなところをさがしています。命にかかわらなければ多少危ないところでも大丈夫です!400万ほど借りたいです。

 

という闇金を探している人がいるのにびっくりですが、こういった方はたくさんいるのです。借金は誰でも秘密にしていますよね。秘密にしているから誰にも相談できずに気が付けば取り返しのつかないほど大きな借金になっているのです。

 

最初は5万円しか借りていないのに知らない間に10倍になっていたということも。

 

闇金利用は絶対にやめましょう

 

今闇金に関わっていないなら、関わるのは絶対にやめましょう。人生が終わると考えてもいいくらいです。

 

まず、闇金では何百万単位での融資はしてくれません。万一手を出してしまったら、あなただけでなく親や兄弟親戚、職場や子供の学校、近所にも24時間取り立てが来るということ!どうやっても逃げる事はできません。

この場合、借金返済のためにどこかからお金を借りようとしていますが、借りても絶対に返す当てはありませんよね。

こういう時は債務整理を考えた方がいいと思います。債務整理と聞くと自己破産?と考える方がいますが、色々な方法で借金問題を解決していくことができます。

専門の方に相談して一番いい方法で解決していきましょう。

 

 

 

 

闇金相談福岡~借金どうにかなるの?

知らず知らずに闇金から借りていた

お金を借りるのは、最初は誰でも、銀行や消費者金融、カードローン会社、クレジット会社などで借りますが、こうした金融機関でお金を借り過ぎてしまうと最終的にはお金を借りる事ができなくなってしまいます。

 

全部のローンに渡ってカードの限度額いっぱいまで借りてしまいもうこれ以上カードが使えない!という方が沢山いますが、実際こういう状況になったとしてもお金は必要になります。こういう人こそお金が必要なんですが、そうなるとお金を貸してくれるのは、俗に言う「闇金」です。

 

 「闇金」でもいいからお金を借りたい!といって手を出すのであれば本人の納得の上でということなので自業自得ですが

中には、

 闇金とは気づかずに優しい言葉に騙されお金を借りたら実は闇金だったなんてこともあるのです。

 

闇金でお金を借りると明らかに法外な利息で、返済をしても金利が減らずに、元金の返済まで届かない状態となってしまいます。

解決できるの?

実際に取り立てなどを考えると、大きな声を出したり、自宅に取り立ての人がやってきたりすることがあるので怖いですよね。

自分で解決しようとしてもヤミ金業者には、到底太刀打ちできないのが現状です。いろいろ考えている間にも金利がどんどん膨れあがり、請求金額も大きくなってしまいます。被害にあった人は、返済出来ずにヤミ金業者から逃げる生活になるというのが多いですが、わざわざ逃げる事をしなくても専門家に相談すれば相手がたとえ闇金業者でも請求をその時点で止めるということもできます。

闇金に怯える必要はありません。
借りたお金は返さないといけませんが、法外な金利などは払わなくていいのです。早い段階で専門家に相談して、自分がどのようにしたらいいのかを納得いくように解決して行きましょう。

 

借金返済のためのローン簡単審査

借金返済するためにキャッシングしている人は多い!?

カードローンやキャッシングはとても身近なものになり、限度額も30万円や50万円とそんなに高額でもなく手軽に借りれるようになっています。「30万円」と聞くと大金に思えますし、一度に30万円を借りる人は少ないですが、返済が、毎月一定額でいいということもあってか、それほど大金を借金している自覚もなく、借金している状態が当たり前になってきて、いつの間にか限度額いっぱいまで借りてしまっているとなっている人は多いのです。

A社の借金を返済するためにB社からキャッシングしたり、B社の返済をするためにC社からキャッシングする、借金返済のためのキャッシング利用者も多いようです。

キャッシングやカードローンは1社から借りていても他社で借入できます。既に借入があっても審査には通ります。その審査の際に、借入の理由を聞かれますが、「借金の返済のため」と言う人はいませんよね。生活費とか、冠婚葬祭費という理由で申し込むので審査には通ります。

既に、4社以上から契約がある場合は難しいですが、1社や2社であれば借入があっても意外と審査には通るものです。延滞があったり債務整理などをしている場合は別ですが、数社から借りている人でもきちんと返済している人は多いのです。

借金が複数社からある場合、今どれだけ借金総額があるか分からなくなっている可能性があるので、一度整理する必要があります。

借金総額が自分の年収の3分の1よりも多くなった場合には、総量規制の対象外の銀行ローンでまとめて借りて、今ある借金を返済して銀行への返済だけにまとめる「ローンの1本化」がおすすめになってきます。

1本化も金利によっては、返済額が高くなる場合もあります。金利を計算してくれる返済シュミレーションを利用しながら、1本化が最適なのか、場合によっては債務整理が必要なのか、正しく判断したいものです。

 

多重債務借り入れ

多重債務とは、今現在の借金の返済に充てるために、ほかの金融機関から借入するという事を繰り返し利息の支払いもかさんで借金が増え続ける状態の事を言います。それでも返済が困難になっている人の事を多重債務者といいます。

多重債務は避けたい!!

お金を借りる事によって、困ってくるのは多重債務者になることです。借金を返すための借金なんて嫌ですよね。返しても返しても元金の減らない借金返済地獄に陥らない為にも、借りたお金を返すために新たに借金をするというのは避けなければなりません。

借換えをするとどう??

借換えというのは今ある借入契約を入れ替えるということです。わざわざ入れ替えるのですから条件が有利な内容に入れ替える必要があります。同じ金額を借りても、返す額が増減するのは「金利」の違いなのです。

今契約している借入先より、金利の安いところに借換えしないと意味がありません。

借換え成功例とは、借入総額は変わらなくても、金利が低くなった分、支払う総額が少なくなるという結果の時です。なので、なんでもまとめればいいというわけではありません。

借入件数を減らすことに一生懸命になって金利が安く借りれている分までまとめる事はありません。件数を減らさないと銀行カードローンも申し込めないというのも分かりますが、わざわざ金利の高いところから借りる事はないですよね。今の支払いより減らすことが目的なので、金利にはよく気をつけて、よく調べてから借換えは行いましょう。